清潔に保つ

犬と飼い主

犬の皮膚を清潔に保つには

人間と同じように、犬もシャンプーが必要なのです。 皮膚を不潔していることで皮膚病の原因になることもあるのでシャンプーは大切なのです。 だからといって毎日シャンプーをする必要はないのです。 犬は肌呼吸をしませんし、皮膚で体温を調節する生き物ではないので、汗をかくこともなく肌がよごれにくいといえるでしょう。 シャンプーのしすぎは皮膚の免疫力を弱めてしまったり、毛がパサパサになり痛めてしまうことになるのです。 犬のシャンプーの頻度は大体1ヶ月に1回程度がいいでしょう。 毛を触ったときに、脂でベタベタした感じになってきたら洗ってあげるといいです。 自宅で洗ってあげても構いませんし、犬の美容院に頼んで洗ってもらうこともできるのです。

自宅でシャンプーをする

自宅で洗うときの注意点ですが、ちゃんと犬用のシャンプーを使用するようにすることが大切です。 犬用のシャンプーはペット用品店で購入できます。人間のシャンプーでは刺激が強すぎることや、皮膚の弾力喪失や変色などの皮膚疾患をおこしてしまうので、シャンプーは定期的に行なうようにしましょう。 シャンプー前にはブラッシングをして毛玉を取り除いておくことが大事です。 しかし毛玉は無理に引っ張ると痛いので、丁寧に取ってあげるようにするといいです。 シャワーの温度は大体35度から37度くらいが適温です。 犬の体温は人間よりも高めなので、人間に丁度いい温度でも犬にとっては熱いと感じるものです。 耳や目や鼻にお湯が入らないように注意しながら行なうのです。 洗い残しがあると皮膚病の原因になるのでよく洗い流して、ドライヤーで毛の根元からよく乾かしてあげるといいでしょう。飼っている犬に最適なシャンプーを選ぶときは、ペット用品店のスタッフに相談してみることです。

遺影

葬儀をする

飼っているペットが亡くなった時は、ペット葬儀を行なう業者を利用しましょう。現在ではペットの葬儀を行なう業者も存在しており、このような業者はインターネットを活用することで簡単に見つけることができます。

骨壺

人間のように

ペット葬儀のサービスの中には合同火葬や個別火葬のペット火葬があります。また、納骨や法要も可能な為、人間と同じように成仏することが出来るでしょう。サービス内容は様々ある為、確認をしてから選択をしましょう。

ドッグ

犬を洗う時の注意点

愛犬の健康を維持するために大切なのがシャンプーです。シャンプーを選ぶ時に安さで決めてしまいますと、湿疹の原因になってしまう危険性がありますので、安全に使用することができるシャンプーを選んで購入することが大切です。